相州の、1:1250スケール艦船模型ブログ 主力艦の変遷を追って

1:1250スケールの艦船模型コレクションをご紹介。実在艦から未成艦、架空艦まで、系統的な紹介を目指します。

第4回(補遺) 畝傍 ついに日本に回航

幻の防護巡洋艦「畝傍」-Unebi :protected cruiser-

ついに「畝傍」が、本日(2018.10.13)、水雷艇2隻と日本に回航されてきた。

今回は少し息抜き。

f:id:fw688i:20181013214537j:plain

水雷艇「小鷹」「白鷹」とともに、ようやく日本へ到着。

畝傍 (防護巡洋艦) - Wikipedia

 

f:id:fw688i:20181013214613j:plain

f:id:fw688i:20181013214745j:plainすでに記載したように、日本海軍は明治16年度の艦艇拡張計画で3隻の防護巡洋艦を英仏2国に発注した。イギリスに発注された2隻が、浪速級防護巡洋艦「浪速」「高千穂」、一方、フランスに発注された1隻が「畝傍」であった。

3,600トンの船体に、舷側4箇所の張り出し砲座に設置された24センチ砲、15センチ砲7門などを搭載し、18.5 ノットの速力を発揮する艦である。

同時期に発注されたにも関わらず、「浪速」級とは、上の写真のように、全く異なる艦容を示している。「浪速」に同等なスペックを持ち最新式の防護巡洋艦であるはずなのだが、その外観は、流麗でやや古めかしい三檣バーク形式である。その喪失については、未だに謎のままである。

浪速級と比較すると、やや低めの乾舷と、舷側の4箇所の砲座に搭載された24センチの主砲が、ややバランスの悪さを感じさせる。フランス艦には時に復元性能に問題がある場合があり、回航途上に暴風雨などに遭遇しその弱点が瞬時の転覆など、もたらしたかもしれない。

しかしその流麗な艦容で高速を発揮し敵に肉薄する姿など、期待を持たせる外観である。

 

西京丸 に似た船(その2)

f:id:fw688i:20181013220348j:plain

f:id:fw688i:20181013220414j:plain

西京丸ではないので、ご注意を。しかし艦首部がもう少し垂直であれば、ほぼ、西京丸。

 

次回は、いよいよ日本海海戦、つまり近代戦艦・装甲巡洋艦の終焉。

模型についてのご質問をお待ちしています。